どんどん便利になるフリーローンを上手に利用する方法

フリーローンは使用目的が自由なので、何に使っても良いのがメリットです。教育ローンや住宅ローンは使い道が限定されていますが、フリーローンはこのような縛りがありません。

 

例えば次の3つのシーンで活用できます。

 

  • 買い物
  • 飲み会
  • 生活費の足し

 

また申込から借り入れまでのスピードが早いのもポイント。

 

消費者金融のフリーローンなら即日融資に対応しているものがほとんどで、急な出費に対応しなくてはならない場面で活躍してくれます。

 

このように、フリーローンは利便性の高さ、使い勝手の良さこそが特徴なんです。

 

しかし借入した日数に応じて利息が発生するため、計画的な利用は絶対不可欠。上手に活用するためには、無理のない範囲で借入し、決められた返済日にきちんと支払い続けることが大事です。

 

フリーローンの便利なサービスを利用

 

フリーローンの便利な3つのサービス

 

軽く紹介しましたが、フリーローンならではの便利なサービスも用意されています。一例として次の3点が挙げられます。

 

  • 即日キャッシング
  • 無利息キャッシング
  • WEB完結申込

 

それぞれの内容を紹介しましょう。

 

即日キャッシング

 

スピード対応が魅力の即日キャッシング

 

即日キャッシングとは申し込んだその日のうちに借入できるサービスです。急にお金が必要になったときに心強いですね。

 

即日キャッシングは大きく分けて次の3パターンが挙げられます。

 

WEB申込→無人契約機

あらかじめネットで申込・審査を受けて、無人契約機で契約手続きを済ませます。その場でカードを発行してもらえるため、そのままATMなどで即日キャッシングが可能です。

 

店頭窓口または無人契約機

申込からカード発行まですべて店頭窓口または無人契約機で行います。この方法だと審査結果が出るまでその場で待たなくてはなりませんが、ワンストップで即日キャッシングが受けられます。

 

店頭窓口よりも無人契約機の方が営業時間が長いので利用しやすいですが、相談しながら借入したい方は窓口を選びましょう。

 

WEB申込→振込キャッシング

カード不要で借入ができるフリーローンの場合、振込キャッシングによる即日融資が受けられます。WEB申込時に必要書類などもすべて提出し、契約手続きもネット上で完結。あとは指定した口座にお金を振り込んでもらって完了です。

 

即日キャッシングおすすめのフリーローンはプロミス


 

大手消費者金融はほぼすべて即日キャッシングに対応していますが、中でもイチオシなのが「プロミス」です。

 

実質年率17.8%が上限金利に設定されていて、他消費者金融よりもほんの少しですが低金利。
また申込から審査まですべてWEBで完結させられるため、スピーディな借入が可能となっています。

 

上記した3つの即日キャッシング方法のいずれも選択可能です。
急いでいる方はまずはプロミスを検討してみましょう。

 

公式サイトへ

 

無利息キャッシング

 

返済額に違いが!無利息キャッシング

 

フリーローンは借入日数に応じて利息が発生します。しかし無利息キャッシングに対応するフリーローンを選べば、対象期間中は利息が発生しません。
多くの消費者金融は初めて利用する方を対象に30日間の無利息期間を設けています。

 

例えば「30日間利息なし!」といった広告を目にしたことがあるでしょう。これが無利息キャッシングですね。

 

無利息キャッシングでどれくらいお得になるのかをみてみましょう。次の条件で借入した場合で話を進めていきます。

 

借入額 50万円
金利 18.0%
無利息期間 30日間

 

50万円を18.0%の金利で30日間借入した場合の利息を計算します。

 

50万円×18%×30日÷365日=7,397円

 

通常なら50万7,397円を支払って完済となります。

 

しかし無利息期間中に支払い終わっていれば、7,397円が発生しません。したがって借入した50万円をそのまま返せば完済です。

 

なお無利息期間を過ぎて借入残高がある場合はどうなるでしょう。

 

この場合は無利息期間終了後時点の残高に応じて、翌日から利息の計算が始まります。

 

できれば無利息期間中に全額返済してしまいたいものですが、無理な返済で生活が苦しくなるようでは元も子もありませんよね。

 

無利息キャッシングを視野に入れた計画的な借入を意識することが大事です。

 

無利息キャッシングおすすめのフリーローンはアコム


 

大手消費者金融の多くが無利息キャッシングを用意していますが、中でも注目したいのがアコムです。
アコムの無利息キャッシングの条件は次の2点を満たしていること。

 

  • 初めて利用する
  • 返済期日を「35日ごと」で契約

 

条件は決して厳しいものではありませんよね。
これで「契約日の翌日から30日間」の無利息期間が適用されます。

 

注意しておきたいのは、借入があってもなくても契約日翌日から30日間の無利息期間がカウントされること。

 

「先にカードだけ作っておいて、必要な時に借入しよう!」という方は注意が必要です。
例えばカードを作って10日後に借入すると、残り20日間しか無利息期間が残っていないことになります。

 

アコムの無利息キャッシングを最大限に活用したいなら、契約後はできるだけ早く借入したほうが効果的ですね。

 

公式サイトへ

 

来店不要のWEB完結

 

WEB完結でスマートにキャッシング

 

フリーローンは従来、店頭窓口や無人契約機まで足を運ぶ必要がありました。
ですが今は来店不要のweb完結に対応しているところが増えてきていて、パソコンやスマートフォンから手軽に申込できるようになっています。

 

各社によって若干異なる部分はありますが、大まかな流れは次の4ステップです。

 

  1. パソコンやスマホで申込
  2. 本人確認書類など、必要書類をアップロード
  3. 審査・契約
  4. 指定した口座に振込キャッシング

 

WEB完結の場合、カードの発行自体がないことも。
希望すれば後から発行してもらえます。
返済もWEBから行えてとても便利。

 

今やスタンダードになりつつある申込方法なので、これからフリーローンを利用しようと考えている方はWEB完結をぜひ試してみてください。

 

WEB完結おすすめのフリーローンはSMBCモビット


 

WEB完結に対応したフリーローンを選ぶならSMBCモビットを推奨します。SMBCモビットはいち早くWEB完結に取り組んだ消費者金融として高く評価されるパイオニア。

 

メリットとして次の3点が挙げられます。

 

  • 電話連絡なし(在籍確認)
  • 郵送物なし
  • 借入、返済もWEBで完結

 

フリーローン申込で気になる点として「周りの人たちにバレるのではないか」という心配がありますよね。
ですがSMBCモビットのweb完結なら電話確認や郵送物がないので周囲の人たちにバレるリスクを最小限に抑えられます。

 

ただしSMBCモビットのweb完結で申し込むには次の3つのうちいずれかの口座を持っている必要があります。

 

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

 

これらの口座をモビットからの振込貸付と口座振替による返済に利用することを承諾して初めて申し込めます。
言い換えれば、上記口座を持ってさえいればweb完結申込が利用できます。

 

公式サイトへ

 

はじめての人でも安心のフリーローンの利用方法と注意点

ここからは初めてフリーローンを利用する方のためのノウハウや注意点について紹介していきましょう。項目は次の3つです。

 

  1. 申込
  2. 審査
  3. 借入

 

それでは詳しくみていきます。

 

申し込み方法

フリーローンの申込方法は大きく分けて次の5種類があります。

 

  • WEB申込(パソコン、スマホ)
  • 店頭窓口
  • 無人契約機
  • 電話
  • 郵送

 

手軽なのはWEB申込です。パソコンやスマホからすぐに申し込めるため、急いでいる方にもピッタリ。

 

しかも24時間365日いつでも申し込めます。

 

店頭窓口、無人契約機は申込と同時にその場で審査からカード発行まで可能なので、こちらも急ぎの人に向いていますね。ただし営業時間があるので注意が必要です。

 

電話での申込は担当者と相談しながら進めていきたい方に適しています。なお郵送は資料請求から始めなくてはならないので、最も時間がかかってしまいます。

 

それぞれの特徴やメリット、デメリットを把握した上で、あなたに合った申込方法を選ぶようにしましょう。

 

申込みする際の注意点

申込時の注意点があります。それは必要書類を準備しておくことです。

 

フリーローンの申込時に提出しなくてはならない書類として次の2つが挙げられます。

 

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

 

本人確認書類で有効なものの一例として次の4点があります。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 保険証

 

こちらはいかなる理由でもすべての人が必ず提出しなくてはなりません。

 

収入証明書ですが、次の2つの条件のうちどちらかに当てはまる場合提出しなくてはなりません。

 

  • 借入希望額が50万円以上
  • 他社借入含め、借入総額が100万円以上

 

これは「総量規制」によって決められたルールです。
総量規制とは「年収の1/3までしか借入できない」という貸金業法の1つ。

 

例えば年収300万円以上の人は最大で100万円までしか借り入れできないことになります。
このように、大きな金額の借入が想定される場合は問題が起こらないように収入証明書の提出を求める、というわけです。

 

収入証明書として認められる書類の一例として次の3点があります。

 

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細

 

場合によっては上記条件に当てはまらない方でも収入証明書の提出を求められることがあります。
その時は素直に応じて準備しましょう。

 

フリーローンの審査

フリーローンの審査

 

フリーローンの契約では必ず審査を受けなくてはなりません。申込情報および信用情報を参照して契約できるか否かを判断します。

 

信用情報はこれまでのフリーローン、クレジットカードの利用履歴を記録している「個人信用情報機関」で確認。

 

現在の借入状況や利用状況に問題があると審査落ちの原因になりかねません。

 

例えば次の4つのケースに当てはまると審査落ちの可能性が出てきます。

 

フリーローンの審査に通らない大きな理由
  • 延滞や踏み倒しの履歴がある
  • 他社借入件数が多い
  • 複数のカード、フリーローンを所持している
  • 短期間で複数の申込履歴がある

 

特に注意したいのは短期間の申込履歴です。

 

申込情報は最短で6ヶ月間記録され続けるため、1社に申し込んだら6ヶ月間は期間を空けるのが望ましいです。

 

消費者金融によって異なりますが、早いところなら30分程度で審査結果が出て、電話またはメールにてお知らせ。契約手続き完了後、カードを発行し、借入ができるようになります。

 

フリーローンによっては「仮審査」を設けていることもあるためそちらも活用しましょう。年収や借入希望額を入力するだけで大まかな審査結果が分かります。

 

仮審査はあくまでも簡易的な審査なので目安にしかなりませんが、あらかじめ受けておくことで審査に通りそうかどうかが分かる便利なサービスです。

 

審査の際の注意点

審査中は基本的に何もすることはありません。

 

ですが審査の過程で「在籍確認」が行われる場合があります。WEB完結申込以外は原則行われると考えて差し支えありません。

 

在籍確認は申請した勤務先で本当に働いているのかを確かめるための電話確認です。

 

職場に電話がかかってきます。

 

〇〇さんはいらっしゃいますか?

 

自身で電話に出られればそれで在籍確認は完了。

 

仮に自分で出られなかったとしても、電話を取った人が

 

〇〇は現在席は外しております

 

と対応すれば問題ありません。

 

職場によっては外部から電話がかかってくるはずのないところもあるでしょう。こういった場合は担当者に電話で相談し、他の在籍確認方法をとることができないか確認します。

 

例えば会社発行の保険証や会社で働いていることがわかる給与明細などを提出することで在籍確認を回避できることも。不明な点や不安に思う点があれば何でも気軽に相談するよう意識しておきましょう。

 

借り入れ

フリーローンの便利な借入方法

 

フリーローン会社によっていくつかの借入方法が用意されています。
主な借入方法は次の3点です。

 

  • フリーローンATM、提携ATM(銀行、コンビニATMなど)
  • 振込キャッシング
  • 店頭窓口

 

各社のATMなら手数料を気にせずに借入できるケースがほとんど。

 

しかし便利なのはコンビニATMをはじめとした提携ATMです。こちらは手数料がかかってしまうこともありますが、身近なところで借入ができるので重宝するでしょう。

 

振込キャッシングは指定した口座にお金を振り込んでもらう借入方法です。WEBのマイページや電話から手続きができます。こちらも非常に便利なので利用頻度は高いでしょう。

 

またフリーローン会社によっては特定の口座への振込なら即時反映されるサービスを提供していることもあります。

 

例えばプロミスの「瞬フリ」。

 

三井住友銀行またはジャパンネット銀行への振込なら24時間最短10秒で振り込みを実施してくれるというものです。

 

最後に店頭窓口ですが、こちらはスタッフと相談しながら借入できるのが特徴。

 

営業時間の関係もあり、利用頻度はあまり高くないでしょうが、フリーローンになれていない方や、計画的な利用を目指している方に適しています。

 

借り入れの際の注意点

借入の注意点として次の2点が挙げられます。

 

  • ATM手数料の有無
  • 振込キャッシングの対応時間帯

 

上記したように提携ATMを利用すると手数料が発生する場合があります。

 

例えばプロミスなら提携ATM利用時に次の利用手数料が発生します。

 

  • 10,000円以下:108円
  • 10,000円超:216円

 

1回の手数料自体はさほどでもありませんが、繰り返し利用するとなると多少負担になってくる可能性も。

 

プロミスなら三井住友銀行提携ATMの手数料がいつでも無料なので、できればこちらを優先して使いたいものです。

 

このように各フリーローン会社によって手数料がかからないATMが用意されています。利用時には必ず確認しておくようにしましょう。

 

振込キャッシングの注意点

銀行の営業時間の関係上、即日反映させるためには平日の15時までに振込手続きを終わらせておく必要があります。

 

もし平日15時以降、または土日祝日に手続きをすると、振込が反映されるのが銀行の翌営業日となってしまいます。急いでいる方はATMを利用した方が確実でしょう。

 

時間に余裕があるなら、平日15時以前に手続きを済ませるように意識することが大事です。

 

フリーローン選びの参考に!条件別徹底比較

フリーローン条件別比較

 

数多くのフリーローンの中からあなたに合ったところを選ぶには条件別に各社の特徴・スペックを比較する必要があります。
そこでここからはフリーローン選びの参考になる、条件別の比較ポイントを紹介します。

 

選ぶ基準は次の3つです。

 

  • 金利
  • 限度額
  • 利用しやすさ

 

それではみていきましょう。

 

返済額を少なくするために金利で比較して選ぼう!

金利は各社によって設定額が異なるため要チェック。

 

金利が小さいほど利息の発生を小さく抑えられ、トータルの支払い額を少なく済ませられます。

 

金利には上限金利と下限金利があり、主に上限金利で比較するのがポイント。
次の表をみてください。

 

オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8%
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%

 

このようにほとんどが18.0%の上限金利に設定されています。

 

そんな中、オリックス銀行カードローンとプロミスは17.8%。

 

たったの0.2%ですが、長期的な利用で違いが出てきます。

 

例えば10万円を3ヶ月借入した場合の利息はそれぞれ次のとおり。

 

  • 18.0%:3,014円
  • 17.8%:2,980円

 

差額:34円

 

次に50万円を12ヶ月借り入れした場合の利息を見てみましょう。

 

  • 18.0%:50,074円
  • 17.8%:49,503円

 

差額:571円

 

このように、借入残高および借入期間によって随分と利息の差が開いてくることが分かります。

 

たった0.2%されど0.2%、と実感させられますね。

 

言い換えれば、少額を短期間だけ借入する場合はさほど影響しないため、自分の好きなフリーローンを選べる、と考えても良いでしょう。

 

大きな借り入れも安心の限度額を比較

フリーローン各社によって「限度額」が設けられています。
「できうる限り沢山お金を借りたい!」という方は限度額も併せて比較・検討しましょう。

 

主要フリーローン各社の限度額をまとめると次のとおりです。

 

オリックス銀行カードローン 最大800万円
アコム 1万円〜800万円
SMBCモビット 1万円〜800万円
アイフル 800万円以内
プロミス 500万円まで

 

ほとんどが上限800万円に設定しています。ただし注意したいのが誰でも800万円の借入ができるわけではないこと。

 

総量規制の関係上、いかなる事情があっても「年収の1/3」が借入の上限額になります。

 

年収300万円の人は100万円が上限

 

仮に上限800万円の借入を希望するなら、年収2,400万円以上が最低条件ということに。

 

また最初から年収の1/3を借りられるわけではなく、最初は少なめの利用限度額が設定されることがほとんどです。利用実績に応じて増枠が認められます。

 

適度に利用し、その都度適切に支払っていれば利用実績が認められ、増枠に対応してもらえます。まずは返済に無理のない範囲からのスタートになることを覚えておきましょう。

 

サービス充実!ユーザビリティの高さを比較

フリーローンをより便利に活用するサービスが用意されています。
具体的には次の3つ。

 

  • 無利息キャッシング
  • 即日融資
  • WEB完結

 

これらの他にも、例えばプロミスの「瞬フリ」など独自のサービスを用意していることも。
ですが利用頻度の高さ、使い勝手の良さを考えると上記3点が重要ですね。

 

各フリーローンの対応状況を表にまとめると次のとおりとなります。

 

無利息キャッシング 即日融資 WEB完結
アコム
プロミス
アイフル
SMBCモビット -
オリックス銀行カードローン - -

 

このように、消費者金融のフリーローンはいずれも対応しているのが見て取れますが、銀行フリーローンはそうでない場合があります。

 

より便利に利用しようと思ったら、これらのサービスに対応しているか否かを確認することが大事です。

 

フリーローン何でもQ&A

ここからはフリーローンに関するよくある質問をQ&A方式で紹介していきます。

 

延滞したらどうなる?

支払い日までにお金を準備することができず、延滞してしまった場合は「損害遅延金」が発生します。
多くのフリーローン会社が年率20.0%の損害遅延金を設定。

 

例えば100万円の借入で返済日から10日経過、損害遅延金20.0%の場合だと…

 

100万円×20%÷365日×10日=5,479円

 

利息とは別で5,479円もの損害遅延金を支払わなくてはなりません。これは大きなペナルティーですよね。

 

こういった事態にならないためにも、支払日・支払い金額の確認を怠らず、延滞することないように計画的な利用を心がけましょう。

 

怖い取立てはない?

ありません。貸金業法によって取立ては固く禁じられています。具体的な禁止される取立て行為として次の6点が挙げられます。

 

  • 21:00〜8:00の間の取立て行為
  • 勤務先やその他の居住地への電話、訪問
  • 訪問先でいつまでも退去しない
  • 債務者以外の人に借入の事実を明らかにすること
  • 債務者以外の人間に返済を要求する
  • 裁判所や弁護士から債務処理の書面通知があるにもかかわらず取立て行為を行う

 

大手消費者金融なら取立てはないものと考えて差し支えありません。
ただし上記した損害遅延金の発生などペナルティーは確実に受けるので、やはり延滞しない利用を第一に心がけることが大切です。

 

限度額を増枠したいときはどうすれば良い?

契約時の借入限度額は申込時の信用度によって決められます。
そのため望んだ金額よりも少なめに設定されることもしばしば。

 

ですがフリーローンは「増枠」が認められることもあり、利用限度額を徐々に引き上げられる場合があります。

 

増枠を希望する方は担当者に電話で相談するか、マイページにログインしてWEB上で増枠申請を行います。
もちろん必ず認められるわけではありませんが、利用限度額を上げたい方は試してみましょう。

 

なお増枠に関係するポイントとして次の2つがあります。

 

  • 利用実績を積み重ねる(適度に借りて適切に支払う)
  • 年収をあげる(総量規制の関係上、年収の1/3が借入できる上限額)

 

家族や職場の人にバレる心配はない?

適切に利用していれば周囲の人たちにバレる心配はほとんどありません。
バレてしまう原因として次の3つが挙げられます。

 

  • 在籍確認の電話
  • 利用明細書などの郵送物
  • 店頭窓口や無人契約機への出入りの目撃

 

在籍確認の電話は原則として個人名でかけてくるため、基本的にバレる心配はないでしょう。
ですがフリーローンに詳しい方が職場にいると「もしかして今のは消費者金融から?」とバレる可能性はあります。

 

フリーローン会社によっては電話での在籍確認以外の方法に応じていることもあるので、心配な方は担当者に電話で相談しましょう。

 

下2点はWEB完結申込などのサービスを利用することでバレるリスクを回避できます。

 

ただし繰り返し延滞したり、長期間にわたる延滞が続くと自宅に電話がかかってくることがあります。
これが原因でバレる可能性があるので、極力延滞しないように注意しましょう。

 

カードだけ作って借入しないことはできる?

できます。
すぐに借入の予定がない人でも、万が一に備えてフリーローンの契約・カードの発行をしてもOKです。

 

ただし無利息キャッシングの恩恵を受けられない可能性が出てくる点だけ注意しましょう。
多くのフリーローンが「契約日から30日間」「契約日翌日から30日間」を対象期間に設定しています。

 

住宅ローンや自動車ローンを組んでいても利用できる?

できます。
住宅ローンや自動車ローンは総量規制の対象外となっているので、これらのローンを組んでいる方でも問題なくフリーローンを利用可能です。

 

しかし逆の場合…フリーローンを利用している方が住宅ローンや自動車ローンを利用するのは難しくなってしまいます。

 

いずれにせよ、複数の借入がある状況は決して良くありません。
住宅ローンの負担が大きいため、フリーローンに頼る生活はいずれ破綻してしまいます。

 

各ローンを利用する際は無理のない範囲で利用できるよう、事前の入念な計画が重要です。

 

正社員以外だと審査が厳しい?

そのようなことはありません。
フリーローンの申込条件は「安定かつ継続した収入がある人」となっているため、正社員以外の働き方でも大丈夫です。

 

例えば次の4つの働き方の人たちが挙げられます。

 

  • バイト
  • パート
  • 派遣社員
  • 自営業者

 

ただし自営業の人は審査の際に収入がわかる書類の提出が求められることも。その際は確定申告書や収入証明書を準備しましょう。

 

あらかじめ用意しておけばよりスムーズな審査につなげられて安心ですね。

 

おすすめフリーローンまとめ

フリーローンの活用方法、条件別おすすめフリーローンについて紹介しましたがいかがだったでしょうか。
この記事のポイントをおさらいしましょう。

 

  • フリーローンは用途目的自由
  • 即日キャッシングや無利息キャッシングなど便利なサービスが用意されている
  • フリーローン選びは金利や限度額など条件別に比較する

 

以上3点が挙げられます。

 

  • 「どのフリーローンを選んだらいいのか悩んでいる」
  • 「フリーローンにはどんなメリットがあるの?」

 

といった方は本記事を参考に、あなたに合った使い勝手の良いフリーローンを選んでみましょうか。