無職でもカードローンを利用したい!

カードローンはとても便利なので、利用したいと考えている人はたくさんいます。

 

利用の中心層はサラリーマンなど働いて収入を得ている人ですが、無職の人であってもカードローンを利用したいと思う人もいるでしょう。カードローンで借りたお金はいつかは返済する必要があるわけですから、そのためにはどうしても収入が必要になります。

 

確かに一定の限度額までであれば、収入を証明する書類は必要ないというカードローンも少なくありません。しかしそういったカードローンでも身分証明書は必要ですし、申し込み欄には必ず職業を記入する箇所があります。

 

「無職」といっても様々ですが、定職に就いている場合と比較すると、どうしても収入が限られてしまうというのが現状でしょう。カードローン会社としては例えば少額であったとしても、そういった人にお金を貸すのは危険だと判断せざるを得ません。

 

同じく収入が大きくない専業主婦の場合には、むしろ専業主婦向けの商品が用意されているなど、問題はないことが多いようです。それは専業主婦という存在は配偶者の存在なしには成り立たないからで、夫婦そろって無職とかならともかく、基本的には夫は働いていて収入があることが多いです。

 

そのため専業主婦ではない無職の方がカードローンを利用するためには、収入を確保するために仕事を見つけるのが先ということになります。定職に限らずとも、アルバイトや派遣社員などでも一定の期間働けば、安定した収入があると判断されることが多いようですので、それからカードローンに申し込むといいでしょう。

 

逆に無職になることがわかっているのであれば、仕事がある内にカードローンを作ってしまうという方法も有効ですので覚えておいてください。