フリーローンの金利が決められる仕組み

多くのローンは金利に幅を設けています。

 

フリーローンの場合ですと年率4%〜18%に設定されています。このことは、ある人は年率4%で借り入れを行える一方で、ある人は年率18%を払う必要がある事を意味します。借り入れる金額によっても金利は変わりますが、同じ金額でも人によって金利に違いが出てきます。

 

金利どのような基準で決めれれているのでしょうか。

 

銀行系ローンも消費者金融系ローンも、利用者の信用度を判断するためにスコアリングという手法を用いています。これは、利用者の返済能力を各社独自の審査基準で数値化するものです。

 

特に重要視されるポイントとして、年収、他社からの借り入れ、職業、土地などの担保の有無等が挙げられます。これらの情報を元にスコアリングがおこなわれ、その数値によって金利を幾らに設定するかが決められています。

 

たとえば、会社の役員で年収が高く、さらに土地や持ち家を所有している場合にはスコアリングの成績も良くなり、安い金利で借り入れを行える見込みが高いでしょう。逆に、定期収入が無く、返済の滞納などがある場合には、スコアリングの成績は悪くなってしまい、高い金利でないと借りることが出来なくなる可能性が高くなります。

 

また、金利を設定する以前の問題として、あまりにもスコアリングの数字が低くなった場合、借り入れ自体を行うことが出来なくなってしまいます。

 

金融機関側としては、信用度の高い利用者は、返済不能に陥る可能性が低いため、低い金利でも確実な収益が見込めます。

 

しかし、信用度の低い利用者の場合、返済不能になるリスクが高く、そのリスクを補う必要が有るため、金利を高くせざるを得ないのです。利用者の信頼度を数値化することに不快感を覚える方も居るかもしれませんが、膨大な数の利用者を効率的に判断するには仕方のない事かもしれません。