フリーローンの金利を低く抑えるためには? 〜冷静な見極めが大切〜

フリーローンとは、使用目的が決まっていないローンのこと、つまり、自由な用途で金銭を使用するために組むローンです。

 

住宅ローンや、自動車ローンというように、そのローンが何を購入するためのローンであるのか、という言及はありません。

 

しかし、もちろん、利子は必要です。

 

どうせ払わねばならない利子ならば、当然、安いに越したことはありません。では、低金利のフリーローンを探すために、どのような点を考慮し、見極めればよいのでしょう。

 

以下に挙げる、2つのパターンを検証してみます。

 

借入期間が短く、全額返済がすぐに可能な場合

 

「今月は借り入れるが、来月には確実に返済できる」という場合なら、利子無しでの借り入れが可能です。プロミス、アコム、レイクなどの大手の消費者金融は、大抵、最初の30日間は、無利息というサービスを実施しています。

 

もし、一度もローンの利用経験がないなら、初回のみ、30日間無利息で借り入れが可能なのです。また、新生銀行グループの「NOLOAN」のように、一週間以内なら何度でも無利息で借り入れることができる、というサービスもあります。短い期間の借り入れならではのメリットですので、条件に合うなら、このような制度を利用するのが得策と言えるでしょう。

 

 

借り入れが長期間に及ぶ可能性がある場合

 

まとまった金額を、数か月にわたって少しずつ返済していくプランの場合は、利子は絶対に必要です。こういう場合は、なるべく利子を低く抑えなければなりません。銀行で借りるのと、消費者金融で借りるのとなら、どちらが良いのか、悩むところですが、どちらにも、メリット、デメリットはあります。

 

銀行の金利は、年利12%前後と安めですが、審査は厳しめです。消費者金融は、審査が通りやすい代わりに、金利は高め、年利17%というところでしょうか。どちらが自分に向いているのかを熟慮し、冷静になって、状況を見極めることが大切だと心得ましょう。